多汗症の原因について

多汗症は、手のひらや足のうら・顔・脇などのなどの部位に大量の発汗がみられる疾患になります。多汗症は幼少時や思春期の頃に発症することが多く、手のひらや足のうらは精神的なストレスが加わると、汗が多くなるといった特徴があります。多汗症の症状がひどい場合には汗がしたたるほどの発汗がみられることもあり、手や足は常に湿っていることが多いです。また寝ている間は局所の発汗ないといった特徴もあります。脇の多汗症の場合には、精神的なストレスによって大量に発汗することが多く、衣類を汗で濡らしてしまうようになります。多汗症はボツリヌス注射などの治療で治すことができます。日常生活に支障をきたしている場合などは治療をした方が良い場合もあります。