自律神経に関係する疾患

自律神経が乱れると、疲労感や頭痛を感じる方が多い症例になります。自律神経失調症が代表的な疾患ですが、このこの他に低体温が続いたり逆に微熱が続く症状があるのが特徴です。自律神経が乱れるとメニエール病の原因にもなります。神経性胃炎の原因になる場合があるので、2週間以上これらの症状が続く場合は専門医の診察を受けるのが大事です。

昼夜逆転する生活をしている場合や、ストレスが多い環境にいる方は自律神経が関係している可能性があります。季節の変わり目にこの症状がおこる方も多いのが特徴です。日中から行動したり、軽い運動をすると改善する方もいますが専門医の診断を受けるようにします。慢性的な疲労感を感じる方が多い疾患です。