温熱作用でリラックス

入浴にはたくさんの効果があります。温熱作用で疲労回復やリラックス効果を得ることができますし、浮力作用で筋肉や関節への負担を軽くしたり、静水圧作用でむくみを改善したりすることも可能です。粘性作用で運動効果が得られる、正常作用で肌の清潔感が保てることも効能だと言えます。

より良い入浴方法にするためには、就寝の1時間から2間前に、40度前後の温度で肩まで浸かる方法がおすすめです。全身浴であれば10分程度の入浴にします。このような入り方を意識しておくと、種々の効能を高めることができるでしょう。他にも入浴前にコップ1杯の水を飲む、湯船の中で軽いストレッチをすることなども、入浴の質向上に繋がると知っておくと良いです。